雪ヶ谷散歩 > まちの地名 > 池上の由来について

池上の位置と地名の由来

現在,池上と聞くと「池上本門寺」や東京急行電鉄・池上線の「池上駅」が思いつきます。しかし,もともとの池上は,現在の池上より北側,かつて「池上村」が存在していた上池台及び仲池上付近一帯を指します。「新編武蔵風土記稿」によれば,「千束池」(洗足池)の周辺に位置していたことが地名の由来とさています。

池上村の合併から大森区成立

明治22年(1889年)5月1日の市制町村制施行に際し,下池上村,桐ヶ谷村,久ヶ原村,徳持村,堤方村,市野原村,池上村(*1),雪ヶ谷村,石川村,道々橋村の10ヶ村が合併し,新しい池上村が誕生します。大正15年(1926年)町制により池上村から池上町へ,昭和7年(1932年)には大森町,入新井町,馬込町,池上町,調布町の5町が合併して大森区となります。大森区成立時に池上町池上(旧・池上村)は上池上町,洗足池付近にあった道々橋の飛び地は池上洗足町,池上町下池上(旧・下池上村)は池上本町と名乗ります。

上池台・仲池上の成立

昭和22年(1947年)3月15日 に大森区と蒲田区が合併し大田区が誕生。その後,大田区では昭和39年(1964年)から昭和45年(1970年)にかけて住居表示が実施さます。昭和42年(1967年)に大田区池上が成立。翌昭和43年(1968年)に大田区上池台,大田区仲池上が成立します。本来であれば,池上を名乗りたかった上池上地区ですが,下池上地区に池上という地名を先に取られてしまったため,上池上の上池を台に乗せて上池台(洗足池付近の台地という説もあり)と命名されます。この件は,地元住民から相当な反発や争いがあったと聞きます。

町名の変遷

大田区上池台及び仲池上を,旧村にあてはめると概ね以下のとおりとなります。中原街道,洗足流れ,東海道新幹線(品鶴線・横須賀線),国道1号(第二京浜国道・ニコク)などを境界として区画整備されました。

大田区上池台

大田区仲池上

池上本門寺と池上駅

一方,池上本門寺や池上駅のある池上一丁目から池上八丁目は概ね,堤方村,徳持村,市野倉村,桐ヶ谷村,下池上村にあたります。池上本門寺付近はもと池上村の一部でしたが,慶長3年(1598年)2月24日に同村より分離し下池上村と称します。鎌倉幕府の大番匠・池上宗仲の領地であった当高100石を,徳川家康が池上本門寺に寄進。御料(直轄領)と寺領を区別するために下池上村が誕生したと考えられています。また,池上駅はもとの徳持村に位置します。

  • (*1) 池上村の一部は馬込村に編入されます。

<参考資料>

  • 大田区史編さん委員会編(1996) 『大田区史』(下巻) 東京都大田区.
  • ———(1994) 『史誌』(第40号) 東京都大田区.
  • 田村長・池上町史編纂会編(1932) 『池上町史』 大林閣.
  • 幕府昌平黌地誌編纂局編(1817) 新編武蔵風土記稿(巻之四十五) 荏原群之七 馬込領』 昌平坂学問所地理局.

広告